野山ウォークは9時出発。8月11日金祝、19日土、25日金。
9月2日土、8日金、16日土、22日金、30日土。
講座は7時半出発、8月30日、9月は後日、お知らせ。集合、出発はセブンイレブン。

申し込みは野山ウォークは3日前、

講座は7日前※「中止」以外、申し込み者に当方から返信は特にしません。 以上

 コラム

講座は2001年開始から22年、野山11年を過ぎた。
 野山ウォークは遠くに行かなくても里山が沢山あるのでて愛子集合解散とした。

 先月開催した「地図と写真展」は5年前の「さいかち周辺地図」を作り直して、他3点と展示し、2カ所で展示した私の感想では、まだ歩いてない古道が残ってるなと思った。

関山から新川に続く、仮称「日向(ひゅうが)尾根」はだいぶ前から古文書などから山名と位置を調べているが、まだ登っていない。
大正時代の地図を見ても、まだ歩いてない古道を見つけた。まだまだ楽しめそうだ。
 野山ウォークも講座の一つだが、登山講座として別に月2回程度開催している。
仙台駅6時出発で隣県に出かけた。
そうでないと時間の都合で、予定通りに登れないし、帰りが遅くなる。
今後も続けていく予定。
IMG_20230809_072721

「杜の都 青葉山の今! 青葉山自然観察ガイドブック」は本とDVDセット。
この長いタイトルの資料は、みやぎNPOプラザ内で委託販売しているものを以前、購入してあったのを改めて見て見た。
その団体が毎日、更新しているブログが下記で短くて分かりやすい。
きょうの青葉山 aobaten.blog109.fc2.com 
上記で検索。
きのう8月8日は、ユウガギク(袖香菊)を書いていた。
ブログ数は5961件と表記されていて365日で割ると、16年余も続けていたことに驚き関心した。

 この資料に、この前、豆川沢で見た「アカハラ」が絶滅危惧種として紹介されていた。
アカハライモリ、またはニホンイモリ(日本井守、日本蠑螈)、日本固有種。
私がこの付近で見たのは初めてだが、月山のネイチャーセンターの付近の沼と
船形山の鏡ヶ池(前船形山の下)で見たことがある。
身近にいたことは嬉しい、また見に行こう。
ヤモリ(家守)に似ているが、違いは爪が有無でヤモリはあって壁などに張り付いていて水には入らないとのこと、実に面白い。
アカハライモリの赤い腹は、フグと同じ毒があって驚いたりした時に、のけぞって赤い腹を威嚇で見せるらしい。
ブログは以上。
84
 
活動報告
7月7日金は、駒新道を登って八ツ森山頂へ。
解散後に広瀬文化センターの展示を撤収し、その後、将監市民センター に移動して展示。
IMG_20230707_143508

12

85
15日土
88
21日金は北山、秋保の陶芸の里より登る。
56
26日水は吾妻連峰の家形山、一切経山の周回。
78
79
80
29日土は、青下川の支流、豆沢川で沢登り
82

83
8月5日土は二口峠からの予定が工事中で、白糸の滝から途中まで。
82

81
以上。