東北アウトドア情報センター(略称・TOI とい)

TOIの活動報告、行事予定、面白花図鑑連載中。 東北アウトドア情報センター(TOI)ホームページ (発足からの活動、資料、各情報など) http://toi2015.o.oo7.jp/ 旧ブログ ~2019.3 TOIprのブログ http://toi09.cocolog-nifty.com/blog/ 記載者 八嶋 寛

6、7月の予定
野山ウォーク、9時出発、14時解散。
6月1日土、7日金、15日土、21日金、29日土。7月6日土、12日金、20日土、26日金。

他に登山講座7時出発、16時頃解散、月に2回程度開催。
開催内容などは、「東北アウトドア情報センター」のHPにも掲載中。 

※申し込みは毎回終了後に次回の参加受付。以外は電話、SNS、ラインなどで。

申込み・野山ウォークは原則3日前、講座は7日前。キャンセルは前日17時まで。

※「中止」以外、申し込み者に当方から返信は特にしません。以上です。

 コラム「熊対策」

都市部にも出現して来たこと、肉食化して狂暴になっている点が以前とは違う。

鈴、ラジオだけでは不十分なことは、以前から伝えている。
自分たちがうるさいだけなので、当方の参加者はほとんど鈴は持参していない。

では、どうすべきか。

ホイッスル、コール、私の場合はストック(スキー用)を頻繁に打ち鳴らす。

熊だけでなく、イノシシにも効果がある。

北海道では、逆に音で近づいて来ると言うから逆効果となる。

 カラシスプレーは以前から販売されているが、うまく当てられか疑問がある。

私は以前、「アメリカの警官が使っている」と言う、小型2個組の物を購入して一時持ち歩きテストもして見た。

これで熊の眼に当てるのは難しい。

テストをしてから台所下に保管していたが、カラシ成分の揮発が充満して大変だった。

以前から考えていたが、先日の野山で「水鉄砲」を持参して皆さんに使ってもらった。

市販のスプレーよりは使いやすく、狙いやすいと思う。

今、カラシ液を作製中で検討中だが、カラシはあまり強くなくてもよいと思っている。

さて、結果はどうなるか?。次回に報告したい。

今は熊の繁殖期であるようだ、さらに危険が高まっているので何も対策しないではいられない。


910


活動報告
4月からの一部を画像で報告する。

いつもグループ内で毎回報告しているが公開は出来ないようだ。

グループに希望される方は、閲覧は可能ですのでメール連絡願います。
画像8

画像7

画像9

画像4

画像5

画像2

画像3
以上。

予定

野山ウォークは4月6日土、12日金、20日土、26日金。

5月4日土、10日金、18日土、24日金。 

基本は第2、4の金と他は土で開催予定。

希望により変更もあります。参加は早めに確認を。

講座は4月3,17日、5月15、29日の水。7時半出発。

 ※申し込みは毎回終了後に次回の参加受付。以外は電話、SNS、ラインなどで。

申込み・野山ウォークは原則3日前、講座は7日前です。キャンセルは前日17時まで。※「中止」以外、申し込み者に当方から返信は特にしません。 以上。

コラム

防災への取り組み

仙台防災未来フォーラム2024の3月9日土にブース展示。

当方は今年で3回目の参加。

ブースは90団体(昨年は65程)と多く、いつも開催前に主催(仙台市)がフェイスブックで参加団体を紹介するが、今年は東北アウトドア情報センターが第一号で紹介されて、ブースNo2(1は地元新聞社)で配置された。
準備したパンフなどは以前より多く配布されたと思う。主催の発表では入場者は約4100人(昨年は3500人ほど)と多かった。

当方ではHPで「防止の見直しなど」をテーマに主張した。
詳しくは東北アウトドア情報センターのHPを参照。
http://s20194.livedoor.blog/
1710199248153

IMG_20240309_140602
 
古道調査

大笠山まで、もうすこし。

駒新道(新川から山形への古道)は、各方面から何度(10回以上)は入っているが、まだ届いていない。
月22日金には秋保大滝から林道を車で入り、距離は1.5Kmほど、標高差400m以内で登れるか、とも思ったが
、無理だった。

野山ウォークは行動時間が少ないのと、急傾斜であったので時間切れ。

ここは、この方面はヤブになれば難しい。

まだ4月であれば残雪跡で藪は少ないので、事前に野山グループと相談して出発時間を早めて実施する予定。

画像3
 
活動報告

いつもの様に毎週、野山ウォークと講座数回を開催。

野山グループで毎回、皆さんでアップしてる。

グループは公開できないようなので、もし参加されたい方は申し出頂ければ招待OKです。

その中から報告。

2月3日土はさいかち南の古道コース。

大規模伐採があって、その一端の小ピークに登った。

7日水は新川(ニッカ工場有り)から大笠山を目指したが途中まで、コラム地図参照。

9日はさいかち北、岩元山から周回。

14日水は作並~定義間の熊沢林道。

17日土は太白山。
IMG_20240218_001219

IMG_20240218_001253
23日金は、作並温泉から沼山途中まで。
IMG_20240224_071430

DSCN8310
28日水は七ヶ宿町へ。
IMG_20240228_130226

1709129749897
3月2日土は北鉄塔コース。

IMG_20240302_161530
8日金は秋保の楯山。

1709886961268

IMG_20240308_164630
13日水は福島県の日山。
1710318131923

1710318132364

1710658092284
16日は再度、古道コースへ。

22日金はコラムの大笠山の途中まで。
1711092482215

1711093433174
以上。

2.3月の予定

野山ウオークは9時出発。2024年、2月3日土、14日水、9日金、17日土、23日金祝日。

3月2日土、8日金、16日土、22日金、30日土。

2月14日水は、講座を7日に変更したので野山で9時出発。希望があれば場所判断、古道調査もあり。

講座は7時半出発。2月7日、28日、3月13日,27日の水。輪カンジキ使用、貸出有り。

※野山、講座とも天候判断で当日、歩行場所を決定。


コラム

防災フォーラムに向けて

3月9日土に仙台国際センターを会場に「仙台未来防災フォーラム」が開催される。

東北アウトドア情報センターは、今回は3回目のブース出展する。
画像3
今回は「防災の再考 一教訓を見直そう、紙段製品工夫、他一」をテーマにHPにアップ。
今まで防災アウトドア術、防災車中泊の電子出版を発表して来た
このテーマは9月に決めたことで「能登災害」前でしたが、以前の災害とも比較、再考の機会となった。

当方の防災への取り組みは、2012年「安全登山のすすめ、河北新報出版センター刊、八嶋著」に「第四章 4害時に生かすアウトドアの知識、技術」として書き、その後、「防災アウトドア術」をまとめた。
その後、2015年に東北歴史博物館で企画展を開催し、ヒマヤラ登山の経験を防災に生かす展示と子供向けワークショップも開催、その模様も今回の発表でお知らせする。
ポスター
 
ぜひ会場の見学と当方のHPを参照願いたい。
活動報告は、画像がうまくアップできなかったので。
一部のみアップし、後日とする。
IMG_20240201_101005

takanosu240112IMG_20240201_100920


IMG_20240201_100853

suisyuyama240117IMG_20240201_100829
 下記は1月31日水 山形の滝山の氷瀑(大滝コース途中)、
IMG_20240201_111414
以上です。

↑このページのトップヘ